アフターピルを海外薬局で通販する

アフターピルは緊急日に薬として、性交中に避妊に失敗したと感じたときに使用する医薬品です。日本の病院でも処方してもらうことができますが、診察に行く必要があり、女性からはその部分が不評で、一般的にアフターピルを流通してほしいという声がたくさん上がっています。

 

amazonや楽天などでも処方箋が必要な商品は販売することができないので、取り扱いがありませんが、海外薬局では個人輸入を通じてアフターピルの通販の注文を行うことができます。

 

アフターピルは通常は週末や夜中に必要に迫られる種類の医薬品ですが、その時間は病院や薬局はしまっており、購入することができません。翌日に、診察に行って処方箋をもらってから初めて購入することができます。

 

そのような購入方法では、アフターピルを使用しても、手遅れになってしまうこともあり、あまり現実的とは言えません。そのために個人輸入を利用して、アフターピルを通販する人が増え続けているのです。

 

個人輸入を利用して海外薬局からアフターピルを通販することは違法ではありませんが、購入した商品を他人に譲ることは禁止されています。たとえ知人から「1錠だけ分けてほしい」と言われてもいけません。

 

また、アフターピルは性交後72時間以内に服用する必要がありますので、常備薬として常に持っておくことが大切でしょう。