ヒューマングレードなドッグフードの選び方について

ヒューマングレードなドッグフードを購入


愛犬の健康を考えた合理的な選び方としては、ヒューマングレードなドッグフードを購入することが挙げられます。ヒューマングレードとは、人間の食品にも使用できるレベルで管理された品質うの原材料のことです。多くの製造メーカーは商品にヒューマングレードと記載して販売しています。この基準は公的機関などで定義されているわけではありません。各メーカーが自主的に設定・記載するものなので、同じようにヒューマングレードと記載されていても品質に違いが存在します。良質なドッグフードの選び方に関する1つの目安と考えることが重要です。


粗悪が原材料が使用された商品

現在でもドッグフードの品質に関する法規制が十分に行われていないため、粗悪が原材料が使用された商品も存在します。例えば病死した家畜の肉を使用した商品は、タンパク質の摂取は可能ですが有害物質も摂取する可能性もあります。愛犬の健康を維持するために必要な栄養素としてはタンパク質と炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラルが挙げられます。人間が摂取しても問題ないレベルの原材料が使用されているという記載があれば、一応安心して愛犬に与えることができます。一方で人間が摂取しても問題ないと記載される商品にも、品質の違いが存在します。実際にドオッグフードを購入する場合には、メーカーのホームページなどで原材料の品質や製造工場の衛生管理体制、合成添加物の有無などを確認することが重要です。


ドッグフードの選び方に関する1つの目安

ヒューマングレードという記載は、ドッグフードの選び方に関する1つの目安となります。さらに良いドッグフードを購入するためには様々なポイントを押さえることが重要となります。まずドッグフードには総合栄養食品という特徴が存在します。タンパク質や炭水化物、脂肪、ビタミンなどをバランス良く摂取できますが、特に動物性タンパク質を多く含む物を選ぶのが合理的です。犬が肉食に近い雑食という特徴が存在します。植物性タンパク質よりも動物性タンパク質の方が消化しやすくなります。なるべく動物性タンパク質が多くヒューマングレードのドッグフードを選択すれば、愛犬の負担を少なくできます。

動物性タンパク質が使用されたフードでも、原材料表記が肉類やミート、肉粉、肉骨粉となっている場合があります。肉類などと表記されている場合には、何の肉でどの程度の品質なのかが不明です。一方フードの中にはチキン正肉やラム正肉、鹿肉、サーモンなどと表記されているものも存在します。具体的な表記がある方が安心できますが、肉類などと表記される場合でも非常に高品質な原材料を使用している場合があります。
人間向けに作られた加工食品にも人工添加物が使用されたものが存在します。そのためヒューマングレードと記載されていても、合成添加物が無添加ではない場合も考えられます。また原材料の一部だけに、人間が摂取しても問題ないレベルのものが使用されている場合もあります。メインに使用されている動物性タンパク質だけでなく、その他の原材料についても注意する必要があります。



ドッグフードが涙やけによる皮膚トラブルの原因に

なみだやけ

小型犬は顔立ちも可愛らしく、毛もモコモコしており多くの女性から人気を集めますが、小型犬に多いトラブルが涙やけです。涙やけになると目元が茶色くなり、周辺の毛も茶色っぽくなるため汚く見えてしまいます。それだけに限らず涙やけを放置していると、それを原因とした皮膚トラブルが発生します。これらを引き起こす要素としてドッグフードが大きな影響を与えています。

元々犬の涙は角膜を潤すために存在しており、涙の通り道があって最終的には喉へと導かれます。涙やけはこの通り道の部分で涙が詰まってしまい、外にあふれるような状態です。涙の生産量が多くて処理しきれない場合もそうなりやすく、この時は目の中に毛が入っていることなどが原因です。目の病気にかかっていることも原因であるため、これらの場合はすぐに適切な対応をしてあげれば安心です。問題はドッグフードを理由としたものです。

例えば穀物を中心としたドッグフードは涙やけを起こしやすいです。犬は肉食動物であるため、穀物類が中心となると消化しきれない問題を抱えています。消化しきれない状況は老廃物を生み出すことにつながり、それが様々な部分から出てしまいます。添加物を使用したものも犬にはよくありません。体に蓄積されやすく、体にダメージを与えてそれが涙管の穴を詰まらせる原因です。安いドッグフードには肉副産物などが含まれており、そうしたものも涙管を詰まらせます。人間も食べ物が悪いと体に変調をきたすように、小型犬にとってもそれは同じことです。

消化吸収の悪いものを食べさせることや添加物の入ったものを与え続けたことが原因だった場合、体にいいものを食べさせるようにすれば涙やけは改善されます。涙管の洗浄などをしてもらい通り道を確保してから、食べるものに気をつけていけば大丈夫です。ここでのもう1つのポイントは水分です。犬のおしっこを見た時に、常に黄色のおしっこをしている時があります。この場合は水分が足りていない証拠です。おしっこによって体内の老廃物を出してくれますが、そのおしっこが濃い状況が続いていることはそれだけ老廃物がたまっている状況です。ドッグフードだけでなく水もきっちりと飲ませることも大事です。dxlive

水を飲んでくれない犬の場合にはドッグフードに水をかけて出してあげるのも1つのやり方です。こうすれば食事をしながら水分を同時にとってくれます。無添加で自然由来の原材料を使ったものを食べさせてあげ、水もしっかりと飲ませれば皮膚トラブルなどとは関係なくなります。

余裕がある人は手作りのものを食べさせることもおすすめです。野菜たっぷりで高たんぱくなお肉を混ぜて食べさせれば健康的に過ごさせることが可能です。タンパク源が別のものを数種類用意して、それをローテーションで食べさせていくことも皮膚トラブルを防ぐやり方として有効です。犬の涙が気になった人は今食べさせているものの中身を確かめて、見直しすることが求められます。